読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんきちタン's blog

ただの日記です。面白くも何ともありませんよ。

家の鍵は開いているのか閉まっているのか問題

今日も仕事の後、ジムへ出かけました。ちなみに夕飯は味噌メンマ抜きと半チャーハンで1,100円。

 

いつも通り前日夜更かしをしたため、とても眠い。行く前から「今日は寝たいな~筋トレしたくないな~」なんて考えながらジムに向かいます。

 

以前ジムで寝たら閉じ込められたことがあったので、トレーニングが終わった後に寝るのではなくてトレーニング前に寝る事にしました。 

ponkichitan.hatenablog.com

18時半からリラクゼーションルームで睡眠。

起きたら21時半。

3時間も寝てしまいました。

トレーニングはできませんでしたが、まあ想定内です。

 

風呂に入ってジムを出ました。

 

家に帰る前にとりあえずジムの駐車場でスマホチェックします。

Twitterのたまったタイムラインをみて、ブログチェックして、ラインチェックして・・・

22時半頃帰宅します。

 

最近、といってももう3か月くらい?夜になると家の玄関のカギがかかっています。

家に誰もいなくなる時は鍵を閉めるのはもちろんですが、家の中に妻がいる場合もです。

今までは開いてたんですよね、そのことを以前妻に聞いてみると、安全のため(変質者とか入ってこられたら困る)って言われて、確かに。って納得したんです。

 

で、問題はここからなんですけど、僕は家の玄関につき鍵が閉まっていると思って鍵を用意します。開けます。開きます。これが普通の流れです。

 

家の玄関につき、鍵が閉まっていると思って鍵を用意します。開けます。開きません。なぜかって、鍵がもともと開いていたからです。だから僕がカギを回したら鍵が閉まってしまったんですね。

 

だからと言って、家の玄関につき、一度鍵が開いているか閉まっているかの判断をするためにドアノブを引いてみる、この行為をするのがめんどくさいんですよね。

てか鍵が閉まっていた場合、「ガーン」って音鳴るし・・・。

 

鍵を閉めるなら閉める、開けるなら開ける。そこんとこしっかりしてほしいんですが、そんなこといちいち妻に言っていたらめんどくさいので、何も言っていませんが。

てことで、毎回鍵を開けたり閉めたりして時間を浪費していますが、そんな感じでいいのではないかなとか思っちゃっています。

そんな僕の人生です。

 

終わりです。