ぽんきちタン's blog

ただの日記です。面白くも何ともありませんよ。

なんのためにブログを書いているんだろうか。

このブログは初めてしばらくは毎日更新していました。一回サボってしまった時くらいから『緊張の糸が切れた』じゃないですけど、今日はブログ書かなくていいやー、なんて思う日が増えてきました。

その結果、ブログ書くのめんどくさくて更新頻度駄々下がりって流れです。

てか、日記書いても誰も見てくれないわけで、見てくれたとしても1日一人とか二人のレベル。
書く意味ないじゃん!と思ってしまったんですけど、ふと我に帰りました。

『僕はなんでブログやっているんだろう』

実はこの答えは簡単でブログ開設当初から変わっていません。

その答えなんですが、『ただの日記を書く』という目的のためです。もっと言えばただ日記を書いて数年後振り返ったときに「あー、このときはこんなことやってたんだなぁ~」と思えたら面白いなと思って始めました。

なので誰に見られようが何人に見られようが関係なく、ただの日記です。と宣言して今までやって来たのに、つい欲が出てきてしまいました。

『ブログ書くからには人に読まれたい』

そう思うのはおそらく承認欲求?ていうのかな?人として自然な事だと思うんですけど、読まれたいのなら、文章力がない僕がただの日記を書いたところで誰にも読まれないのは周知の事実な訳で。

人に役に立つ記事を書いたりだとか、更新頻度は落ちてもよいので一つ一つの記事をしっかり考えて練って練って書いたりするべきです。

でも元々そういった手間がかかることはしないで、思ったことを気軽に自然体で日記として脳内から放出する、というのが本来の目的に近いものなのです。
なので人に役に立つ記事なんてこれからも書かないし、悩んで面白くしようなんてこれからも考えないつもりです。

結局何を言おうとしてるのかまとめます。
このブログはただの日記です。
面白くも何ともありません。
誰の役にも立ちません。
自然体で文章を書くように心掛けます。
読者の数は気にしません。
ページビュー数なんて気にしません。

そういうことです。
おわり。