ぽんきちタン's house

独り言です。

嘘に嘘を塗り重ねる人生

世の中には、嘘を平気でつく人がいます。
確かに必要なうそも存在するのは間違いないですが、しょっちゅう嘘をついていたら信頼関係なんてできるもんも出来なくなります。
 
いい嘘と、悪い嘘があって・・・
なんてありがたいお話をするつもりはありません。
 
一回嘘をつくと、それがばれないようにさらに嘘を重ねていくおろかな人がいるんです。
 
例えば最近だと上司がタバコをやめた、と言い始めて、実はこっそり吸ってるとかです。
隠れてこっそり吸ってるのは知っているのですが(見かけるので)、吸っていない、禁煙中だ、と言い張ります。
冗談で言ってるのではなく、僕にタバコを吸っているところをみられていないと思っていっています。
この人は一体誰と戦っているのだろうか、と不思議に思いましたが、これもきっと生きる楽しみの一つなのでしょう。そっとしておいてあげました。
ここで突っ込んでしまうと、相手を追い詰めてしまうことになり、結局ウソをかばうウソをつかせることになってしまいます。
 
僕は中途半端なのとか筋道があっていない話をするのがとてもむず痒く思い、はっきりさせたくて仕方ない性格をしています。
 
だからウソついて少しでも話の流れや展開がおかしいと、つい突っ込んでしまいたくなります。
例えば以下のような感じです。
 
Aくん「18時に頑張って帰宅できたんだよね!」
僕「(あれ?ちょっと早すぎない?確か17時半に会社を出たとかB子ちゃんが言っていたような・・・)はやくね?」
 
Aくん「ああ、うんと急いで帰ったからさ」
僕「でも会社確か17時半に出たよね。」
Aくん「し、信号に捕まらなかったからさ」
僕「あれ?どのみち通った?距離的に早すぎじゃね?どんだけ飛ばしたのさ」
Aくん「えっとえっと」(ウソをさらに重ねていく)
 
会話内容については適当だが、だいたいこんな感じの会話をこの前しました。
突っ込んでしまう僕もめんどくさい人かもしれませんが、そもそもウソをついたり、意味もなく(面白くもなんとも無いのに)話を盛りまくる人にはため息が出ます。
 
無駄に大げさなリアクションとかいりませんわ。
なんか愚痴みたくなってきましたが、無駄なウソはつかないように。という自分への戒めとして書いておきます。
 
おわりです。