ぽんきちタン's house

独り言です。

コンタクトレンズはもうやめにしないか

僕は目が悪くて普段コンタクトレンズをして会社に出勤しています。
高校生のときからコンタクトレンズをしているので、もう15年くらい経つ事になります。
 
数年前くらいから段々付けるのがめんどくさくなってきてメガネ率が上がってきたんですけど、ここ最近はまたコンタクトレンズ率が上がってきています。
なんでかというと、ジムに行くようになったからです。
やっぱり運動するとなると、コンタクトレンズが必要です。メガネのままだとずり落ちてきたり、視界の邪魔になったりします。
 
コンタクトレンズって1日換算にすると両目で300円くらい使ってることになります。
で、ジムといっても一日2時間程度なので、その2時間程度のためにコンタクトレンズを使うとなるととてももったいなくかんじるわけです。
 
なので、何を言いたいかというと、タイトルの通り「コンタクトレンズ、そろそろやめにしないか?」ということです。
ずり下がって来るメガネを我慢する、又はレーシック手術をする、といった選択肢を視野に入れていこうかなと考えています。
 
ずり下がって来るメガネを我慢する事は簡単に出来ますが、レーシック手術に関してはお金もかかりますし、失敗するというリスクもあります。
 
最近耳にしたのは、レーシックではなく、「ICL(眼内コンタクトレンズ)」というものです。
レーシックとICL(眼内コンタクトレンズ)、何が違うのかというと
レーシックは角膜をレーザーで焼くため、元に戻せないですが、ICL(眼内コンタクトレンズ)は目の中に埋め込んだコンタクトレンズを取り除けば元通りとなるため、元通りにする事ができるという点です。
 
その代わりICL(眼内コンタクトレンズ)のほうが値段が数倍高くなります(約60万円)
 
って事で、最近の僕はこの「ICL(眼内コンタクトレンズ)」の手術をうけてみようか考えています。
でも結局ビビッて行動に移さず終わるのがいつものパターンのような気がします。
 
だってきっと、またそのうち新たな技術が出て「ICL(眼内コンタクトレンズ)」よりやすく安全で簡単な方法が出てくるんだろうから・・・。
おわりです。